*farmin club*

farmin流「生活が愉しくなるアレコレ」をご紹介する個人的ブログ

やっぱり猫が好き(嘘)

さて、この療養生活の間に何べんか死にかけたわけですが・・

 

ある日ふと

「死ぬ前にやってみたかったことをやっちゃおう!」と思い立ちました。

 

死にかけては蘇る、を繰り返していたので多分もう飽きちゃったのかしら?

 

こどもにも何回遺言状書いたか・・(-_-;) ←こどもも飽きてる

 

 

「猫を飼ってみようかな。」 

突然そんな考えが浮かんで、自分でもビックリ!Σ(・ω・ノ)ノ!

 

ミニチュアダックスを飼っていたことはあったんだけど、わたしが倒れた2年後に亡くなりました。息子と住んでいました。

 

このコ(ミニチュアダックス)を飼うまで動物はそんなに好きじゃなかった。

このコのおかげでイヌは可愛いなぁって思ったけど、猫はどっちかっていうと苦手。

でもいまは散歩に連れていけないからイヌは無理だし・・。

 

なんだか知らないけど、みんな猫が好き♡って言ってる。

猫ってどうなんだ? 散歩いらんし。

そんなに可愛いのか?

 

 

 

「猫を知らないで死んでいいのか?」

 

調べれば調べるほど「肉球たまんない」「モフモフ気持ちいい!」etc.

 

モフモフって何?!

 

 

 

いつか子犬でも飼えたらいいな♪といまの家をみつけたけど、不動産屋さんが「猫も飼えますよ。」と。

 

よし、決めた。 猫飼う。

 

問題は猫が寿命を全うするまで自分は生きているのか?

 

だいぶ悩んだけど、猫好きの知り合いがいるのでそのときはお願いしようと。

 

早速、娘に相談すると、ちょうど知り合いが生後2週間の子猫を拾って飼い主を探していると。

 

病院にも連れて行ったし、ケージもなにもかも一式あるって話。

 

うわぁ! 願ってもない!

わたし、ケージもちょっとずつ揃えるしかないからまず段ボールでつくろうかな?とか考えてた。

 

娘がその人の家に行ってスマホで動画見せてもらった。

 

あまりの愛おしさに泣けた。

 

f:id:farmin329:20180817170630j:plain

 

こんなに小さくてはかなげな子の命、わたしみたいな体調不安定な人間に預けちゃダメ。 そう思って断った。

 

 

けど、娘も拾い主さんも大丈夫だって言ってくれて、我が家に迎えることに。

 

 

当日、拾い主さんがキャリーケースまで買ってくれて、わざわざレンタカー借りて子猫とケージ一式(しかもめちゃデカい!)を娘と運んでくれた。

 

当時、まだ人と会える体調じゃなかったんだけど、「ケージ組み立てましょうか?」と言われて、なんとなく入ってもらっても大丈夫な気がして組み立ててもらった。

 

もう名前をつけていたらしいけれど、わたしの好きな名前をつけていいというので、拾い主の彼のHNが「まめ」だったので「まめたろう」って名づけた。

 

後で聞いたら、彼も「まめたろう」って呼んでたんだって!

 

で、まめたろうは漢字で「豆太朗」って書くの。「郎」じゃなくって、朗らかって字のほう(高校時代、南 太朗くんって同級生がいて、自己紹介のときに「なんだろうくんって呼ばれてる。」って言ってたのが印象的で、朗らかって字にする親御さんが素敵だなって思ってた。)って言ったら、なんとまめさんも本名が祥次朗くん。朗らかのほうの! Σ(・ω・ノ)ノ!

 

f:id:farmin329:20180817170404j:plain

 

3年前の7月だったな~。

 

 

 

早いもので、もう3年もいるのかこいつ・・・。

 

f:id:farmin329:20180817170106j:plain

f:id:farmin329:20180817170133j:plain

 

あのいたいけなコはどこ行った?

 

 

余談だけど・・・

娘とその彼、まめたろが縁で去年結婚しました。ビックリ!!Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 

クラブ員募集中☟ 一緒に元気になっちゃいましょう♪

 

 

 

        インド雑貨 アジアン雑貨 TIRAKITA  

 

スポンサーリンク